2010年12月31日

ネットプロレス大賞10


今年もネットプロレス大賞に投票しました!

http://beye2.com/blogid_26.html

ちゅーこって以下自分の投票内容と選考理由。

最優秀選手(MVP)

一位 内藤哲也
二位 カズ・ハヤシ
三位 中邑真輔

前半はタッグ戦線で、後半はシングルプレイヤーとして飛躍した内藤が一位。
感覚的には新人賞に近いノリなんだけど新人賞の範囲外なので。

カズは去年に比べると印象薄いけども相変わらずの安定感、そして武藤との世界ジュニア戦から。

真壁と悩んで決めた真輔は欠場期間がありつつも年中話題振りまいてたイメージなので。



最優秀試合(ベストバウト)

一位 めんたいキッドvs旭志織(9・14 九州プロレス 西鉄ホール)
二位 諏訪魔vs鈴木みのる(8・29 全日本プロレス 両国国技館)
三位 KENTA、青木篤志vsロドリック・ストロング、エディ・エドワーズ(10・30 NOAH 後楽園)

一位の試合は知らない人も多いかもですが是非見てもらいたい一戦。
プロレス自体をあまり見たことがない観客も多いなか、とんでもない熱狂を生み出した名勝負です。
観戦前からいい試合になる予感はありましたが想像以上の激闘でした!

二位は福岡で生観戦した前哨戦からの流れで思い入れたっぷりに見たので余計に感動。

三位、東スポベストバウトのジュニアタッグ戦とも近い時期の試合、こちらもかなりの熱戦だったので敢えてチョイス。



新人賞(だいたい3年目まで)

一位 浜亮太
二位 志田光
三位 高尾蒼馬

一位の浜は小島から三冠奪取の実績よりも、新世代軍としての戦いぶりに対して。
二位と三位はアイスリボンとDDTに候補が多かったので、それぞれひとりずつ。



最優秀タッグチーム(軍団・ユニットもOK)

一位 バッド・インテンションズ(ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン)
二位 滝澤大志&梶トマト
三位 es(真田聖也&征矢学)

バッド・インテンションズは去年から大好きなのです。
滝トマはシングルでもそれぞれ結果残してますし、
今後に期待って意味もこめて。esも同様。



最優秀興行(シリーズも可)

一位 10・31 九州産業大学香椎祭 プロレス研究部ナイターマッチ
二位 6・19 新日本プロレス 大阪府立第一
三位 3・16 ドラゴンゲート マリノアホール

一位はいれていいものやらと悩みつつも、今年一番心に響いた興行は間違いなくコレなので。
屋外リングでの試合で、第三試合、筑前りょう太、旭志織らOBプロレスラーの試合中から大雨に。。。
雨の中闘い続けた試合後、雨と涙で顔をグシャグシャにしながら故郷に錦をかざれたことを喜ぶプロレスラーに心打たれ、
それ以降の試合は雨天中止となりつつも、せめてパイロ演出もある晴れの舞台での入場だけは、と
ある選手は吹っ切ってのびのびと、またある選手は悔しさに泣きながらやり遂げた学生レスラー達の姿にもらい泣きでした。
参考/Togetter:九州産業大プロレス研究部25周年記念試合
http://togetter.com/li/64787

新日大阪はメイン後の真壁のマイク→デビとの揃い踏みにPPVみてて感動。

三位のドラゲー。いつものスターレーンや年末の国際センターでは因縁決着戦やタイトルマッチなど重たい試合が多い福岡で、
ちょっと路線を変えて気楽に楽しめる内容だったので。
この大会直後にマリノアホールが倒産し、これっきりになったことが残念です。



最優秀団体

一位 九州プロレス
二位 新日本プロレス
三位 ドラゴンゲート

いつ見ても満足感の高い試合をみせてくれる九プロが一位。
リング外でもいろんな活動を通して福岡で知名度上がってる気がします。
マスメディア賞とも重複する話ですがTwitterのガオやYouTube新日chの影響が大きい新日と、
九プロ以上に福岡では抜群の知名度を誇るドラゲーがそれぞれ二位三位。



最優秀マスメディア(書籍・番組・映画など)

一位 TNC(福岡のフジ系TV局。)
二位 YouTube NJPWch
三位 Ustream

TNCは福岡でのドラゲー興行の中継だけでなくスポーツ番組や情報番組にドラゲー選手の出演多数。
おかげで福岡でのドラゲーの知名度、ひいてはプロレスの認知度アップに大きな影響を与えてるようで。
なにも今年に限った話じゃないけれど、今年自分がそれを強く実感したということで一位。

YouTube新日chは巡業の試合映像をノーカットで、さらに期間限定ながら過去の名勝負まで配信というふとっぱらさ。
自分が見るのはもちろん、他人にも勧めやすいので大好きです。

Ustreamは19時女子プロレスやレスラー個人のもの全てひっくるめて。



以上になります。
こーゆーのって選んでるときが一番楽しいんですよね!
選ぶからって理由つけて録画を観直してみたりw
ベストバウトなんて一位はダントツだったんですが
他にもおもしろかった試合が多くてなかなか絞れませんでした。
来年も同じ苦労ができるようなおもしろいプロレスをたくさん見たいもんです!
posted by よっさん at 16:16| Comment(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。